身軽に沖縄。ゆうパック利用の勧め。





皆さんが沖縄旅行をする際に、移動時のスーツケースが邪魔だと思ったことはないですか?
はい。私はすごく邪魔です。
ちょろちょろと落ち着きのない息子を引き連れて、荷物によって拘束された私の体は途轍もないストレスを感じます。

 

数日間の宿泊の為、薄着で可能な沖縄であっても嵩張る洋服。
海のレジャーを楽しむ目的であれば、小さく畳むことのできないシュノーケルグッズなどなど。
我が家族は3人であっても、重たくて大きいスーツケースが2つになってしまい、沖縄のホテルに着くころにはクタクタになっています。
帰りはお土産購入のためにさらに1つ追加・・・
また、飛行機の到着後、自分のスーツケースが回ってくるまでの、あの無駄な時間。
人生で1度は自分のスーツケースが一番に回ってくる光景を見てみたい。
なんかコツでもあるのかなぁ。
いつも最後のほうなんだよなぁ・・・

荷物を送るのはメリットしかない。

そんな悩みを解決してくれるのが、事前に沖縄のホテルに送ってしまう方法。
運送会社は多々あるが、そのなかでもゆうパックで送ることが一番お得ですよ。
価格の比較に関しては後日、書かせていただきます。

事前に現地に荷物を送るということは、ターンテーブルを回ってくる荷物を待つ必要も無いので、かなりの時間が節約できる。
そして、なんといっても身軽
飛行機到着後、手荷物だけを持ち、到着ゲートへ一直線。
電車の改札を出るような感覚で、飛行機の乗り降りができるって訳です。

荷物を送る方法

荷物を沖縄まで郵送する方法はとても簡単。
地元の郵便局にスーツケースごと持っていくだけ。
あとは、現地の住所とホテル名を書き手続きすれば届けてくれます。
帰りは、沖縄の郵便局を探し、同じ方法で郵送できる。

料金

3辺の合計が170cmのスーツケースで30kg未満であれば、「持ち込み割引」により120円割引してくれて、

2590

安くないですか?
また、沖縄という地域への郵送料金となっているので、
石垣島であろうが、渡嘉敷島であろうが、波照間島であろうが、一律の料金設定です。
沖縄本島から船でしか行けない離島であっても料金は変わらないってことです。

まとめ

たったの2590円を支払うだけで、
ターンテーブルで待つ時間がない。
さらに、身軽に現地に行くことができるので、到着してそのまま観光できる。
時間も節約できて、体力も節約できる。
旅行には持って来いのサービスですので、利用しない手はないですよね。