失敗無し!台風を避けて沖縄を楽しむ方法





「よし!今度の連休は沖縄に行こう!」
と友人や家族で旅行計画を立てる方はたくさん居ると思いますが、
やっぱり気になるのは天気ですよね。
沖縄は台風の通り道、石垣島になるとほぼ発生地。
台風の威力は強大です。
梅雨時期を外して計画したのに、まさかの台風接近なんてニュースを耳にすると仕事も手につかなくなります。
上司に頭を下げて作った連休。高い旅行代金。
満足のいく時間とお金を沖縄で過ごしたいですよね。
そんな失敗をしないためにも、ぜひこの記事を読んでいただきたい。

台風の発生時期

台風接近回数のグラフ

過去10年間の台風発生平均回数をグラフ化してみた。
グラフを見ても分かるように、
5月後半から10月にかけて台風接近していることがわかる。
8月はピークで2.1回となっていて、多い年で4回も接近している年がある。
台風の多い年や少ない年の差があるとはいえ、予想することは難しい。
突然、嫌がらせのように湧いて出てくる台風をどう交わすかは入念な計画次第!
旅行する目的は人それぞれ。
自分に合った最適な時期を見つける手助けができればと思います。

綺麗な海を満喫するプラン

海を満喫するには、やっぱり夏。暑いに越したことはないかと思います。
ちょうど暑い5月後半から10月にかけて台風接近確率が高いことが先ほどのグラフでわかったように、
確実派な方はこの時期は見送った方が良さそうだ。
ここで、平均水温を見てみると、

沖縄の海を楽しめる時期は3月後半から11月前半が目安とされていますが、水温を見てみると1年を通して20℃を下回る月が存在していません。
さすがに海パンで遊ぶのは寒いので、ウエットスーツなどを着用して冬の海を楽しむのも手ですよね。

気温に関してはこちらを参照してください。

消去法により、台風も来なくて、気温が高い時期。
「4月後半から5月前半」そう!「ゴールデンウィーク!」
ここ一番の狙い目ですよ!
過去のゴールデンウィークの降水量はほぼ“ゼロ“。
気象庁過去のデータを検証しているので間違いないです。
暑すぎず寒すぎない、なおかつ、海でも遊べるゴールデンウィークの沖縄旅行は一番のおすすめです。

子供の夏休み(8月)に合わせての沖縄旅行は・・・
はっきり言って運です。いや?普段の行いと思った方が良いのか・・・
一つだけ言えることは
沖縄行きの飛行機が飛んだらラッキーと思った方が良いかな。
台風接近といっても、長くても2日間ほど安全な室内で過ごせば台風は通り過ぎて行くはず。
なので、5泊6日ほどの長い旅行プランをおすすめします。

観光やグルメを楽しむプラン

観光やグルメの目的であっても、強大な台風の時期は避けたいものです。
ニュースでよく見かける、傘がぐちゃぐちゃになってる映像とか、強風に転ばされている映像・・・
台風の中、国際通りで買い物していると、ニュースに流されちゃうかもしれませんよね。
冬でも暖かい沖縄へは、ぜひ冬の計画がおすすめですね。

気温に関してはこちらを参照してください。

お正月前後は旅行代金が高く設定されているので、そこを除く11月~3月が快適に観光やグルメを楽しめる時期だと思います。
ちなみに、冬の渡嘉敷島という沖縄の離島では「ホエールウォッチング」できることもあるみたいです。
一生に一度は、生でクジラを見てみたいですね。

終わりに

休みを自由に取れる方は、
台風の時期は避けた方が良いかと思います。
台風接近の危険性があるくせに、夏休みシーズンということもあり、旅行代金が高めに設定されています。

子供の夏休みに計画される方は、
今年最大の運試し的な感覚で計画してください。
長めの滞在計画を立てておけば、いくら台風が来ようが、半分は存分に遊べると考えてみてください。

結局は、楽しめるか楽しめないかはあなた次第。
大切な時間。大切に使ってください。
少しでもあなたのお役に立てればと、記事に残させていただきました。