断然お得!LCC(格安航空)の賢い使い方。





2012年ころから話題になった格安航空(LCC)。
皆さんも耳にしたことがあるかとは思います。
沖縄に旅行へ行く際、皆さんはどのように計画していますか?

ツアー会社に全てを任せる。

規模の大きいツアー会社は

・JTB
・HIS
・近畿日本ツーリスト
・オリオンツアー    などなど

ありますが、基本的なプランの立て方は

  1. 行きたい日にちを伝える。
  2. それに合ったプランを何個か用意してくれて、その中から選ぶ。
  3. 飛行機の時間を決める。
  4. ホテルを決める。

ツアー会社のカラクリについて書くと、長くなってしまうので、後日書かせていただきますが、飛行機とホテルがパッケージングされていてとても安いんです。
出発日からとにかく遊ぶ時間を作るためには、出航時間を早めたり、
帰宅日も遅い時間まで遊びたい人は帰航時間を遅くしたり。
ツアー会社のお姉さんに一言いうだけで容易に時間を考えたプランを作成し、タイムスケジュールまで作成してくれますよね。
その分、オプション料金として加算されますけど・・・
せっかくの夏休みだからって、あれもこれもってプランニングしていると、いい値段になってることありますよね。

本題に戻ると
旅行会社としてお客様の希望に沿った時間の飛行機を用意するためには、大手のJALやANAの飛行機を利用してもらうことが必要不可欠なんです。
なぜかって?

便数が多いからです。

山手線のように数分に一回来る電車をイメージしていただいても良いかと思います。
人気のある時間であれば30分に1本は離陸しているのが現状です。
JALやANAなどは、利便性が高いがために料金が上がってきます。
広告などの売り文句である
「沖縄3泊4日29800円」
安いじゃん!3万円で沖縄行けるなんて最高じゃん!
と目を引かれ沖縄旅行を計画する人も少なくはないかと思いますが、
こういうプランの中身は、出発日は遅い便(人気のない便)で帰宅日は早い便(人気のない便)となっていて、遊べる時間は正味丸2日と思っていてください。
それを回避しようと、希望の飛行機の時間に変更すると結局はいい値段になってしまうので注意が必要です。

自分でプランする。

我が家の家族旅行はいつもこの方法でプランニングをしています。

①ホテルを予約
②飛行機の予約

行き来の時間を自由に決定できるうえに、ツアーにはないホテルまで宿泊することが出来ることが利点です。
毎年の家族旅行は、沖縄の離島である渡嘉敷島の民宿に宿泊するために、この方法をとっています。
問題の航空会社は沖縄の那覇空港にいければよいので、LCCを利用している。
サービス面は大手のJALやANAの方がいいに決まっているが、沖縄までのたった3時間。

サービスなんてどうでもいい。

値段の違いは、大手に比べ約半額以下(時期による)で、沖縄まで連れて行ってくれる。
LCCは田舎のバスのように便数がとても少ないが、旅行の時間に合った飛行機があればグッとお得に行き来できます。
逆にお金の事を考えて飛行機の時間を検討するのも方法ですかね。

まとめ

ツアー会社での予約は安心と安全を買っていると考えて間違いはない。
が、LCCを使うことでもっとお得に旅行を楽しめるのではないでしょうか?
浮いたお金を旅先で奮発して思い出に残る旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です