明治から続く行列必至の老舗店~きしもと食堂本店~

きしもと食堂





明治38年(1905年)の創業以来続く製法でそばを作り続けている「きしもと食堂本店」の紹介です。
沖縄そば専門店の中でも「カンスイ」を使用せずに、「灰汁」をつなぎに用いている店舗は1割に満たない。
灰汁を使用した手打ち麺を食したければ、ここに訪れるべき。
伝統的な沖縄そばを現在まで守り抜いた老舗中の老舗。

沖縄そばに関してはこちらを参照してください。

カツオ漁の町だけあって、スープはカツオの風味がガッツリ効いて美味。
きしもと食堂ー沖縄そば

外観

きしもと食堂外観

見た目の通り、沖縄らしい店構え。
店の前に積まれた木材を使用して灰汁の手打ち麺を製麺しているのだろうか。

行列は必須。

沖縄では行列のできる店は珍しい。
開店と同時に行列ができる。
客層は地元民から観光客まで様々である。
長い行列を見ると、どんだけ待つんだよ・・・とめげる気持ちを抑え、ぜひ並んでまで食していただきたい。
意外と回転が速く、東京のラーメン店よりも早く進むが、店前に日よけがないので、日傘は必須。

食レポ

沖縄そばって、麺がボソボソしたイメージが強いと思いますが、さすがの手打ち麺。
モッチリとした麺がスープと絡んで、最高においしい。
さすが自家製麺です。保存していないフレッシュさを感じる。
沖縄の中でもここでしか食べられないと断言できる。

スープ

カツオがガッツリ効いたスープで
一口目、あれ?濃いのかな?と思いますが、
食べ進めるうちに、器を持ってがぶ飲みできるほど、後味はさっぱり。
七味を入れて味を変えて楽しむのも忘れるほどのおいしさです。
味変して楽しみたい方はお替り!

メニュー

そば特大 : 750円
そば大 : 650円
そば小 : 500円
ジューシー : 250円
ライス : 150円
生ビール : 500円

以上。余計なところに手間をかけない=味に絶対の自信がある。ということであろう。

トッピング

かまぼこと三枚肉、ネギといった非常にシンプルなもの。
本当においしい沖縄そばってこれでいいんです。
色々な味でごちゃごちゃになるよりも、シンプルisBESTですね。
三枚肉は良く煮られていて、ホロホロ。

内観

外観からも想像できる、内観。
ごちゃごちゃ感が否めない。
冷蔵庫むき出し、三段ボックス?奥には仏壇。
有名人の色紙が壁に貼りつくされている。
内観はそばが届くまでに楽しんでおこう。
きっと、そばが目の前に届いた瞬間から、器しか見れなくなるだろう。
そのような感覚で内観は気にしないで良しとしよう。

場所

もう少し北部へ移動すれば「美ら海水族館」がある。
美ら海水族館へ行く際には、是非、立ち寄っていただきたい。

詳細

電話   : 0980-47-2887
住所   : 沖縄県国頭郡本部町渡久地5
営業時間 : 11:00~17:30(売り切れ次第終了)
定休日  : 水曜日
席数   : 35席
駐車場  : あり(とても分かりずらい)
きしもと食堂ー地図

まとめ

並んででも食べたい名店。
絶対に満足のいく沖縄そばを食べることが出来るでしょう。
空港からの距離は結構あります。が、北部へ遊びに行く用事があれば絶対に寄っていただきたい。
北部といえば、「美ら海水族館」。
「美ら海水族館」と「きしもと食堂」はセットで楽しむべき!