沖縄の歌姫。安室奈美恵の生い立ち!





あの沖縄を代表する歌姫がまさかの引退宣言。
宮崎駿のように、何かと引退宣言をするのとは違い、世間に激震が走りました。
その安室奈美恵に関して、沖縄をベースとして詳しく調べてみた。

アムラー現象

90年代に一大ブームを起こした「アムラー現象」。
東京都心を歩けばアムラーだらけといっても過言ではない絶大な人気を誇った安室奈美恵。
デビュー25週年目にして引退を表明した。
引退表明後の最新曲「finally」に関してはこちらを参照してください。

現在の安室奈美恵は40歳。
スーパーなどで見かける40代の方とは、見ても見つかない美貌の持ち主といえますよね。
(主婦の方を敵に回すつもりはありませんからね。)
安室奈美恵は仕事柄、綺麗にしていないとファンがつきませんからね。
個人的には、アムラー現象起こったときより、現在の方が魅力的だと感じていますが。

「アムラー」に関して詳しい記事はこちらを参照してください。

安室奈美恵の出身

沖縄の出身で有名な安室奈美恵ですが、沖縄のどこの出身なのか探ってみた。

沖縄県那覇市立城東小学校を卒業し沖縄県那覇市立石嶺中学校を卒業後、沖縄アクターズスクールに入学した。


小学校の6年生のころには沖縄アクターズスクールにスカウトされていたようなので、中学はほとんど通っていなかったことが予想できます。
案の定、調べてみると中学の卒業式にさえ出席していなかったようだ。

沖縄アクターズスクールにスカウトされたはいいものの、学費はかかる。
学費は、以下の通りです。
入学金…105000円
授業料…252000円(1年間分のみ)
施設使用料…31500円(1年間分のみ)
教材費…1575円

安い私立中学校程度の学費と同等といえるでしょうか!?
お金持ちの家庭であればこれぐらいの金額はどうってことないとは思いますが、安室奈美恵の家庭はそうではなかったようです。
ゆえに、スカウトされたはいいものの、一度は入学をお断りしたそうです。
でも、安室奈美恵の才能と将来性を見込んだ、沖縄アクターズスクールの社長さんは特待生として学費を全額免除ということと引き換えに入学させたそうです。


週に3回のレッスンのためにスクールに通う時も、経済的な理由から車で20分程度の道のりを歩いて通っていたというような噂もあります。

家族構成

本人が公表しないのがいけないとは感じていますが、色々なうわさが尽きません。
フィリピン人とのハーフ説などなど、人気芸能人ですから仕方ないですかね?
実際は、
おじいちゃんがイタリア系米軍という情報が濃厚ですかね。
ってことは、安室奈美恵はクォーターということになります。

両親は3歳のころに離婚し、「母子家庭」で家賃5000円の団地生活を強い無くされていたようです。
経済的な理由はそこにあったんですね。
母は昼は保母さんとして、夜はホステスとして二足の草鞋。
3人兄弟を一生懸命育てていたことが想像できます。

デビュー後、母が再婚相手の弟に殺害されるという恐ろしい事件。覚えていますか?
一生懸命育ててくれた母親の不甲斐ない死。このとき、安室奈美恵の引退は誰もが感じたことでしょう。

SAMとの子供の出産の為一年間産休をとっていて、復帰後のシングル「RESPECT the POWER OF LOVE」の発売日に「実母殺害事件」が起こった。
考えただけでも心苦しい。

まとめ

なんだか最後は暗ーい話になってしまったが、安室奈美恵は本当にすごい歌姫だった。
まだまだイケルと感じますが、これからの動きが気になるところです。

最新曲「Finally」に関してはこちらを参照してください。
最新曲「Finally」の込められた思いは?
最強コンビ!安室奈美恵×小室哲哉