2013年沖縄旅行⑨~はる坊主の日焼け~





とにかく我が家の一人息子であるハル坊主はヤンチャ真っ盛り。
冬であっても水に濡れたがる・・・
毎年の旅行で沖縄に行けば、水場だらけということもあり、ソワソワ始まる。
はる坊主の体力に親が持たない。
ずっとハル坊主に付き合って水の中で遊んでいると夜にはグッタリになるので、観光などをして気を紛らわす。
でも、観光してても全然楽しそうにしないんです。
水の中にいる楽しそうな顔を知っている分、とてもつまらなそうに見える・・・

中でも、「きしもと食堂」に並んでいる時のハル坊主は最悪でした。
「きしもと食堂」の様子はこちらを参照してください。
炎天下を避ける為、考え付いた日よけの方法。
それは、妻のスカートの中に隠れる。
余計に暑苦しく思える行動を取り、案の定、怒られる。
そしてイジける。
誰にも相手にされなくなり、泣く。
自由な生き物です。

夕方の海に入ろう!

そう、この日は海に入る予定はなかった。
でもその日の昼食を「きしもと食堂」で食べたこともあり、行列に耐えられず、とてもつまらない一日と感じたであろう。
息子に沖縄旅行のたった1日でさえもつまらないと感じさせたくない私は、ホテルに戻り、少しでも海に入ろうと提案する。
その発言の後のハル坊主の顔。
「満面の笑み」ってこのことを言うんですね。

昼食後、どこにも寄らず、オクマプライベートビーチ&リゾートへ戻り夕日の刺す中、海に入ることになりました。

プライベートビーチ

この時のハル坊主は、海というよりもプールの方がお気に入りで、足にまとわりつく砂が苦手なようだ。

この日も、ハル坊主は自らプールへの道を進むのだが、フッと海を見てみると、

誰もいない!!!

沖縄の綺麗なビーチに誰もいない!これって完璧にプライベートビーチじゃん!!
ハル坊主をなんとか言いくるめ、ビーチへ向かう。
「ビーチマット」的なものをレンタルしていざ入水!!

こんな開放的なビーチはいつも行く湘南や千葉では考えられない。
このマットをひっくり返したりして楽しい時間を過ごしました。


誰もいないビーチで食べるスイカバーは格別です。
ちなみにこのプライベートビーチでは、宿泊者であれば無料でパラソル付きサマーベットをレンタルできます。
我が家の場合、3日間、毎日プールとビーチに通ったお陰で、顔パスです。


そんなこんなで遅くまで遊んでしまいました。
夕日との写真。
写真のセンスが無くて・・・実際に見るとすごくきれいです。
水面が真っ赤に染まり・・・写真で表現できません。

おわりに

部屋に戻り息子の日焼け具合をチェック!!

黒っ!!
いや、尻、白っ!!
見事なコントラスト!

たくさん遊んだ証。子供はこれでいいのだ!!

こんな写真ブログに乗せたら、将来怒られるのかなぁ!?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です