2013年沖縄旅行③~オクマプライベートビーチ&リゾート~





初日から飛ばし気味で観光をすませ、宿泊先に向かいます。
「やんばる食堂」でお腹をみたし、
「やんばる食堂」の様子はこちらを参照してください。
「第一牧志公設市場」でデザートを食べ、豚の生首に驚き!
「第一牧志公設市場」の様子はこちらを参照してください。

この年の宿泊先に選んだのは・・・
「オクマプライベートビーチ&リゾート」にしました。
名前からも想像できるように、我が家の中ではちょっと高級ホテルにしました。
ってうのも、壁1枚で仕切られたホテルとは違い、コテージタイプのホテルなんです。
このタイプは、」プライバシーがしっかり管理されていて、やんちゃなハル坊主が暴れようが騒ごうが、周りに迷惑が掛からないのがいいですよね。
オクマ

場所


〒905-1412 沖縄県国頭郡国頭村奥間 国頭村奥間913

そう、このホテルって結構北部に位置しているんです。
空港から高速道路で2時間は見ておいたほうが良さそうですね。

別荘気分


北部のやんばるを超えた海辺に立つコテージ式のホテル。
天然ビーチやジャングルへのツアーなど、大自然のなかで過ごしたい方にお勧め。
広い敷地内に平屋から3F建てのコテージが点在していて、熱帯植物のガーデンビューが基本となっているので、別荘気分を味わえる。

内観



ここは、外国なの?と錯覚してしまうような内観。
アジアンテイストの広々空間で旅先での窮屈感を一切感じない。
大きいスーツケース・・・どこに広げようか・・・なーんて考えさせられることはありません。
また、熱帯植物が見えるウッドデッキのベランダは広く、
ビーチ遊びの道具など、考えることなく干すこともできます。

お部屋に案内されると、思わず「おぉぉぉ」と声を出してしまいました。
とても綺麗に管理されていて、最高じゃん!と思って床を見てみると、
アリの行列が・・・
え!?
前泊者が垂らして行っただろ甘い汁にアリが列をなしているではないか・・・
これも、自然現象?として、軽く処理していただきました。

実は、わたし、こういうことに慣れていて、なんとも思わないんです。
普段から、ラーメン頼めば虫が入っている。
出前を取れば、髪の毛入ってる。
注文したものと違うものが届く。
しょっちゅうなんですよ。
部屋にアリ??そんなの大したことじゃないんです。

ビーチ



オクマのプライベートビーチは透明度が抜群。
約1kmも続く天然白砂のビーチにベストマッチな水質。
AAランクの水質で、毎年、ウミガメが産卵しにくるほど美しい!

ウミガメの産卵・・・見たいような見たくないような・・・
劇団ひとりのカメの産卵のモノマネのせいで、イメージが最悪に

5月から8月にかけてウミガメの産卵時期になるようです。
産卵のためにビーチによって来るカメと一緒に泳ぐこともできるかもしれないですよね。

どちらかというと、産卵シーンより、孵化した後の方が見たい!!

かわいいーー!!

我が家の到着

那覇市内から約2時間。
やっとホテルに到着です。
着くなり、ハル坊主は水に入りたくてたまらないようです。
夕方だけど、行くか!!!
部屋でビール飲むよりもビーチで飲んだ方が絶対においしいもんね。



とても楽しそうです。
それもそのはず。
沖縄だろうが、東京だろうが、水に入ることが大好きなハル坊主。
果たして本人はここが沖縄だってことを理解しているのだろうか・・・?

監視員もしっかりいて、腕の浮き輪をつけたハル坊主は一人でも泳ぎます。
あ、ちゃんと監視員以上に見てますからね!ビール飲みながらだけど・・・

夕日をみながらのプール。
最高に気持ちよかった!
夕方のプールも結構いいものなんですね。

終わりに

プライベートビーチ&リゾートというホテルのネーミングがよく理解できるホテル。
部屋は広々と南国感がムンムンで、ビーチ、プール共に最高です。

次はホテルディナーについて書きますねー。

明日から渡嘉敷島に行ってくるので、しばらく更新が止まります。
2017年の夏休み!
今年も最高に楽しい旅を楽しんできます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です