2013年沖縄旅行①~やんばる食堂~





2013年9月。
今年も我が家は沖縄に上陸した。
ANA7時45分発沖縄行きの飛行機に乗って向かいました。
夏休みシーズンでは無いため、いくらか安めの料金設定でした。
はる坊主が小学校に入学するという成長が楽しみでもあるが、夏休みのハイシーズンを避けて旅行できるのもいいですよね。
沖縄の夏は長いし、9月になっても十分楽しめます。
湘南では、お盆を過ぎるとクラゲのハイシーズンが始まり、刺される覚悟で海水浴したりしますよね。
沖縄にはクラゲがいないというわけでは無いですが、数は圧倒的に沖縄の方が少ないし、水が綺麗なこともあり、シュノーケル付けて泳いでいれば目視で確認でき、逃げることや、刺される心構えもできます。

9月といっても沖縄の日差しはまだまだ強烈です。
クラゲ対策と日よけ対策に、ラッシュガードは必須です。

出発

調布 バス停

カメラの感度を高めに設定しているため、明るく見えますが、夏なのに暗い時間です。
7時45分発の飛行機に間に合うように、調布駅よりリムジンバスに乗り込みます。
羽田空港まで直行で向かってくれるリムジンバスは楽でいいですね。
大きい荷物を持っても電車のように乗り換えもなく快適です。
料金は大人一人1440円
早朝ということもあり、渋滞の心配もなくほぼ予定通りの1時間弱で到着します。
車内にはトイレも完備していて、おしっこの近いハル坊主が居ても安心です。

私自身、心配性なこともあって、何かあった時の為に、早めの行動を取りたがります。
早朝で渋滞の心配がないとわかっていても、飛行機の出発1時間30分前には空港に居たいんです。
眠いし、暗いしの中、家族を巻き添えにして、向かいました。

思った通り、早く到着してしまい、飛行機と記念撮影なんかしたりして出発までの時間を楽しみます。

那覇空港到着


2時間30分程度、空の旅を楽しみ、那覇空港に到着しました。
スーツケースの流れるターンテーブルの中心には、デカい獅子が!お出迎え。
シーサーではないようです。


空港の出口には大きな水槽。
水槽はきれいに管理されていて、中には沖縄ならではのカラフルな魚がいます。
沖縄に来たんだなーって実感が湧きますよねー。

やんばる食堂

空港内で記念撮影とか、早くもお土産コーナーなどを回っているとあっという間にお昼の時間が来てしまいました。
毎度、無計画な旅行をする我が家であったが、この時の昼食の場所だけは決めていた。
そう、「やんばる食堂」。
ここは、毎年のように訪問させていただいている食堂であって、量が半端じゃないんです。
空港からそこまで遠くない距離に店舗を構えているが、さすがに歩いてはいけない距離。
宿泊ホテルが北部に位置していることから、レンタカーを借りて早速向かうことに。
いざ、大盛の聖地へ!!

場所

〒902-0077 沖縄県那覇市長田2丁目2−5−24 光アパート

近くに沖縄大学や沖縄尚学高等学校があります。
沖縄尚学高等学校といえば、甲子園に出場経験のある、野球の強豪校としても知られていますよね。
食べ盛りの高校球児のお腹を満たしてきたのがこの「やんばる食堂」ともいえるでしょう。

注文

やんばる食堂-驚き
まずは、驚く練習からです。
二人とも沖縄の気温でやられたかのような顔です。


注文の品が到着です。
練習通り!上手に驚けてるね!

ちなみに、注文したのはこの2品。
やんばる食堂-Aランチ
私は、「Aランチ」
この店のド定番です。
トンカツ、ポーク、玉子焼き、ウインナー2本、ハム&チーズ、ポテトフライ、ハンバーグ、サラダ、ライス、クリームスープ)が入って880円
これは安い!!どれもデカい!!

やんばる食堂-フーチャンプル
奥様が注文したのは「フーチャンプル定食」
メインディッシュに刺身がついていて、まさかの汁物は沖縄そば!!
かなりのボリュームだが、これで700円
正気か???って思ってしまう。

やんばる食堂
ハル坊主に「早く食え」などの怒号を響かせながらも、奥様、完食でございます。

まとめ

「やんばる食堂」ここは、大盛の聖地。
ここの近くにある「沖縄尚学高校」の野球部が強い意味がよくわかった。
無限の食欲を持つ高校球児にとっては、なくてはならない存在。
胃袋をがっちりつかんだ味と量。
飛んできたボールもガッチリ掴みエラーも少ない!!
↑ウマい!!座布団1枚!!